出ジャパン記

2025年までに完全に日本脱出することが目標!一人旅、海外生活、洋画など、、、

バンコクでバイクを買った

先日、この記事のとおり免許を取ったので、早速バイクを購入しに行ってきました。

lifeisreseach.hatenablog.com

 

タイ人の友人に付き合ってもらい購入したバイクがこちら!!

Honda MSX 125

f:id:fu2mi3ka:20180829003511j:plain

f:id:fu2mi3ka:20180829003909j:plain

 

バイク全然詳しくないので良いチョイスだったのかよくわからないのですが、とりあえず身長の低い私でも足が着くのを選ぼうとするとかなり限られてくるので逆に選びやすかったです。

何はともあれ、このフォルムのバイクにずっと憧れてたから満足。かわいい〜。

ちょいちょい写真見てニヤニヤしてます。 

 

 

ミラーは追って付けました。本当は四角いの付けたかったんですけど、家の近くで見つけたバイク屋さんがホンダの代理店でおそらく純正のミラーを付けられました。

まあ英語通じず言葉わからない中、付けてもらえただけで十分。

f:id:fu2mi3ka:20180829232503j:plain

 

 

さて、バンコクでバイクの免許を取るのは簡単、と免許取得時の記事でも書いたのですが、つまりマニュアルバイクの運転の仕方を知らない、という問題発生!

実技テストはオートマで受けたし。

なので、バイク購入後、「何か質問ある?」とバイク屋のおじさんに聞かれて、どうやって運転するんですか?って聞いておじさんをドン引きさせてしまいました。

自転車の乗り方を教えるお父さんのごとく、お店の裏路地で教えてくれました。

その後も一緒に買いに行った友人、友人の弟、弟の友達が練習に付き合ってくれて、更に心配して家まで乗って運んでくれました。

 

 

後日、バイク好きの友人が「バンコクトラフィックはクレイジーだから絶対ちゃんとした装備を買ったほうがいい!!!」ということで装備選びに付き合ってくれました。

バイクでバンコクからチェンマイまでバイク旅したというウクライナ人のディーン。

 

その前に1時間くらい駐車場で教習をしてくれたから、公道デビューが絶望的だった私がすっかりエンストさせることなく運転できるようになった!!!!感謝!!

そして二人でいざバイクショップまでバイクを走らせ装備選び。

これかっこいいんじゃない?サイズ大丈夫?とかあーだこーだと親身に長々と買い物に付き合ってくれて、購入後、「めっちゃクールだよ!!!写真撮らないと!!!」と記念撮影までしてくれました。笑

 

f:id:fu2mi3ka:20180829004039j:plain

 

バイク道具って結構高いんですね、、、。まあでもSafety Firstだから仕方ない。

f:id:fu2mi3ka:20180829004051j:plain

 

そしてナイトマーケットへドライブし、夕飯食べて家まで送ってくれたのですが、その間一度もエンストさせることなく行けて、信号待ちの時にグータッチで一緒に喜んでくれて、いいヤツすぎる!!!と感動。

一緒にツーリングに行こう!と計画もしてるから足引っ張らないように練習しなくては!!

ちなみに、彼は自分のバイクをherと言っていて、私は自分のバイクをhimって言ってたから、おぉ〜そこの認識が異性になるの面白い!と感動すらしてしまった。

 

大人になると大体のことは自分でできるし、逆にできないことに挑戦する機会も減ってきたりするので、新しいことをやり始めるのって結構コンフォートゾーンから出ないといけないから怖かったり抵抗があったりするけど、新たに何かができるようになった時の喜びって何事にも代えがたい。人生死ぬまで挑戦ですね。

 

次の日は友人と夕食の予定があって早速一人で運転してみたのですが、危うく高速に乗りかけてどういうこっちゃ、と地図を見て路頭に迷ってたら、警備員(?)がどうした?と来て一般道への戻り方を教えてくれたり、タクシーの運転手がわざわざすり抜けやすいように動いてくれたり、ミラーをたたんでくれたりと、バイク買うのを付き合ってくれたタイ人の友達を始め、その弟、弟の友達、ウクライナ人の友人、と色々な人の優しさに支えられて今日も生きてます。