出ジャパン記

2025年までに完全に日本脱出することが目標!一人旅、海外生活、洋画など、、、

SHERLOCK シーズン3 三の兆候

f:id:fu2mi3ka:20180331191728j:plain

 

三の兆候はシャーロックとジョンの友情がよく描かれていて、一番平和で見ていて幸せなストーリーじゃないかと思う。

 

<好きなシーン&英語の勉強>

・ハドソン夫人がお茶を持ってくるシーン。

S: Why are you here? なんでここに?
Mrs H: I’m bringing you your morning tea. You’re not usually awake. モーニングティーを持ってきたの。あなたはいつも起きてないけど。
S: You bring me tea in the morning? あなたが紅茶を朝持ってきてくれてるの?
Mrs H: Well, where d’you think it came from?! どこから出てきてると思ってたの?
S: I don’t know. I just thought it sort of happened. わかんないけど、どこかしらからと思ってた。

ハドソン夫人、I'm your landlady, not your housekeeper. といつも言っているくせになんだかんだ優しい〜。

 

・結婚式、開始前

ジョンの姉Harryが結婚式に来ない、というシーン

M: So, Harry? ハリーは?

J: Uh, no, no show. こない。

M: Darling, I'm so sorry. 残念。

J: Yeah, it was a bit of punt asking, I suppose. Still, free bar, woudn't have been a good mix. うん、だめもとで聞いてみただけだし、それにフリーバーはまだ良くないしね。

punt=gambleだから、賭けで、だめもとで聞いてみた。その次の文はアル中だった姉とフリーバーはまだいい組み合わせではない、ということ。

 

大佐が来た時の喜びよう、マーティンが小さいのもあるけど、確かにシャーロックの言う通り子犬のよう。笑

ショルトー大佐についてジョンから聞いたことがないというシャーロックとは逆に、しょっちゅう話してるよ、と言うメアリーに衝撃を隠せないシャーロック。メアリーがワインの話をするも、しょっちゅう話してるのって本当に彼のこと?と話を戻し、改めて僕は一切聞いたこと無いな。というシャーロック、しつこい笑

更に、most unsociable personだとジョンが言っていると聞くと、彼がmost unsociable personなの?(自分じゃないの?)と悲しそうな顔をするシャーロック。

嫉妬するシャーロックに対して、私達どちらも一番じゃないのよ~と笑うメアリーにStop smilingと言ったり、マイクロフトに電話して式に来ないのか聞いたり、シャーロックのジョンへの愛が溢れてる。

 

・ジョンがシャーロックにベストマンの依頼をしに221Bに来るシーン

マーティンのユーモア、コミカルな演技の巧さが終始際立ってて、マーティン好きにはたまらないはず。

爆笑してるハドソン夫人。ジョンが「どしたの?」と聞くも、電報がwwと爆笑しながらさるハドソン夫人にポカーンなジョン。

ジョンの表情とハドソン夫人の爆笑につられてこっちまで笑っちゃう。

 

禁煙の気晴らしに目玉を焼いてなにやら実験をしているところにジョンが現れ、be my guestとなんだか嬉しそうに見えるシャーロック。

ベストマン!!と切り出されて、質問の意図がわからないシャーロックに対して、

J: Look, Sherlock, this is the biggest and most important day of my life.

S: Well... 否定しかけるシャーロック。

J: No! It is! It is!  すかさずジョンw

 

メアリーと君だよ、というジョンに固まるシャーロック。

しばらくの沈黙の後、That’s getting a bit scary now.というジョンのこのセリフの間と表情、面白すぎて好き。

 

・結婚式のスピーチ

ジョンとメアリーに感動的なスピーチをすると、周りが泣き出すけど、泣いてる理由がわからなくて、What’s wrong? What happened? Why are you all doing that? John?Did I do it wrong?と慌てるシャーロック。ソシオパスらしさが出てるけど、すぐジョンに自分に問題があったのか確認するところは成長してると思う。

 

この最初のスピーチも、この後シャーロックが歩き出して推理をしながらひたすら一人で話すシーンも、ほぼほぼベンの独壇場で大変だっただろうなー、とただただ感動してしまう。この場面の撮影風景を見てみたい。

 

S: Geoff, the gents.
  The loos, now, please.
L: It’s Greg.
S: The loos, please.
L: Why?
S: Oh, I don’t know. Maybe it’s your turn.

イギリスではトイレをlooというのは知ってたけど、英口語で男性トイレはGents女性トイレはLadiesと言うんですね。

 

・結婚式準備シーン
スピーチの相談をレストラードにしたり、テーブルナプキンの折り方を勉強しちゃったり(ってかこれシャーロックがやることなの?笑 式場の人に任せようよ)、ブライズメイドの衣装がライラックと把握してたり、こんな時に事件解決??と信じられない顔をしたり、ジョンの結婚式に真摯に向き合ってる姿に感動。

 

S: Swan, or Sydney Opera House?
M: Where’d you learn to do that?!
S: Many unexpected skills required in the field of criminal investigation ...
M: Fibbing, Sherlock. Fib=小さな嘘をつく→嘘でしょ、シャーロック!
S: I once broke an alibi by demonstrating the exact severity of ...
M: I’m not John. (失礼w)I can tell when you’re fibbing.
S: Okay – I learned it on YouTube.
M: Opera House, please.
M: Ooh, hang on. I’m buzzing.→I'm bazzing. で電話が鳴ってるってことなんですね。 

serviette=テーブルナプキン

 

事件解決に出かけるのはジョンとメアリーの気遣いなのに、Just going to take him out for a bit – run him.とメアリーにドヤ顔のシャーロック。
そしてシャーロックもジョンも、任せとけ、とメアリーにジェスチャー送るシーン、二人共可愛らしい。

 

・二人で酔っ払うシーン

はしご酒で酔っ払い、221Bに帰ってきた二人。階段で寝ながら
S:I have an international reputation. Do you have an international reputation? 僕は国際的な名声があるんだ。君は国際的な名声ある?
J: No, I don’t have an international reputation. いや、僕は国際的な名声はないよ。
S: No. And I can’t even remember what for. Sss... Crime ... something or other. そうだよ。でもなんでだったかな?犯罪とか、そんなことだった、、、

ハドソン夫人帰宅。
Mrs H: Ooh! What are you doing back? I thought you were going to be out late. 何やってるの?遅くなると思ってた。
S: Ah, Hudders. What time is it? ああ、ハドソンさん。今何時?

Huddersって。笑

酔っ払って自己顕示欲が強くなるシャーロックは意外。他の人と自分を比べたり、周りからの自分の評価を主張したりとかすることに興味なさそうなのに。

その後2階でゲームをやってる二人は最高。事件解決をしていない時の二人のオフショットを集めた、何の盛り上がりもないただただ平和なスピンオフを作って欲しい。 

 

 ・メアリーの妊娠にパニクる二人に対して

S: Absolutely no reason to panic. パニクる必要ないよ
J: Oh, and you’d know, of course? なんでその必要が無いって言えるんだよ
S: Yes, I would. You’re already the best parents in the world. Look at all the practice you’ve had! 君たちは既に世界で一番の親だよ。今まで練習してきたじゃん。
J: What practice? 練習?
S: Well, you’re hardly gonna need me around now that you’ve got a real baby on the way. 本物の赤ちゃんが生まれるから、もう僕は必要ないね。

笑うジョンとメアリーを、少し寂しそうな目で見つめるシャーロック。ジョンがメアリーと行ってしまって、取り残された時のシャーロックのこの寂しい感じ切ないな、、、。ダンスが好きなんだ、ってジェニーンとダンスの練習もしたのに、結局他の男の人と踊ってるジェニーンを見て踊らないまま会場を後にしちゃうし。