出ジャパン記

2025年までに完全に日本脱出することが目標!一人旅、海外生活、洋画など、、、

パトリック・メルローズ~全5話あらすじと感想~

Patrick Melrose、全5話見終わりました。

ベネディクトがずっとやりたかった役ということで、どんなふうに演じるのか楽しみだった!!

あらすじは、今までのベンのプロモーション活動から、ざっくりと少年時代に父から虐待を受けていたパトリックがそのトラウマやドラッグ中毒の日々から克服する話??という感じで見始めたけど、最低限この予備知識がないと1話目ついていけない・・・。

以下ネタバレしかないから注意。

 

Episode 1:Bad News

f:id:fu2mi3ka:20180602000758p:plain

出だしからヤク中感がすごいっ。

腕の注射の痕からもヤク中感が伝わってくる。

 

その後立て続けに出てくる女性2人。

一人目のDebbieは彼女? 

二人目のJuliaは身体だけの関係?

Juliaのところで、父の死を機に薬をやめようと思う、と宣言。

少なくともコカインとヘロインは。Don’t want to run before I can walk.

f:id:fu2mi3ka:20180602000411p:plainf:id:fu2mi3ka:20180602000441p:plain

 

早速、家で薬を捨て始める。

f:id:fu2mi3ka:20180602000646p:plainf:id:fu2mi3ka:20180602000705p:plain

 

父の遺灰を受け取りにロンドンからニューヨークへ。

ホテルについてウイスキーがぶ飲み。f:id:fu2mi3ka:20180602000925p:plain

 

ヤク中のアル中?

f:id:fu2mi3ka:20180602000907j:plain

 

555-1726に電話すればPierreというフランス人からNYで一番のヘロインを買うことができるという誘惑と脳内で戦い、公園でどうやら違う種類の薬を買っている。コカインとヘロインは断つ、ということで他の薬はいいのか、、、。にしても、自分の地元じゃなくてもどこに行けば薬が手に入るか知っているのが怖い。笑

  

そして父の死体を見に行く。

父の死体と対面し、You didn’t want to go, did you? What did that feel like? Pain or rage? Were you scared? Christ, I hope so. と問いかけた後、No, no, no, no!と棺桶に頭を打ち付け、情緒不安定w

その後You’re fucking sad, dad, man, and now you’re trying to make me sad too. と言ってすぐにWell, bad luck.と言い捨て部屋を後にする。

 

また新たな女性Anneが出てくる。パトリックが幼い頃からの付き合いで家庭環境についても知っていた人のよう。彼女と話してるうちに薬切れ状態?になってトイレで薬を打って復活。トイレから戻り、彼女との会話も途中で投げ出し一人レストランへ。

レストランの中でも頭の中の自分の声、ヘロインの誘惑と戦い、Shut up!!と心の声を思いきり声に出して叫んでて、完全にやばいヤツ。

f:id:fu2mi3ka:20180602001024j:plain

 

結局誘惑に勝てず555-1726に電話してしまうも、留守電。怒ってFワード叫びながら電話を何度も叩きつけ、更にやばいヤツ。ヤク中怖い・・・。

f:id:fu2mi3ka:20180602001009p:plain

 

どうしても薬が欲しいパトリックはスラム街のようなかなりやばそうなエリアへ行き、歩いていると馴染みのディーラー?Chilly Willyに会う。

彼の家のトイレで注射を打つも、途中で電気が消えてうまくいかず腕が血だらけに。

彼は薬で眠ってしまったのかなんなのかで使い物にならず、再度555-1726に電話。

今度はPierreが出て、彼の家へ。ちゃんと綺麗な家で、良質なディーラーそうな感じ。

そこでコカインとヘロインをやってしまう。

f:id:fu2mi3ka:20180602001139p:plainf:id:fu2mi3ka:20180602001203p:plain

 

一気にぶっとんで、その後はホテルの部屋で自分の脳内の声と対話してたり、カオス。

f:id:fu2mi3ka:20180602001245p:plainf:id:fu2mi3ka:20180602001332p:plainf:id:fu2mi3ka:20180602001354p:plain

 

Debbieの大学時代の友人Marianneと会って彼女に言い寄るも、冷たくあしらわれ、ホテルに戻って父の骨壷を破壊しようとしたり、部屋をめちゃくちゃにしてあげく自殺しようとしたり。翌日ロンドンに帰る前に空港で友人のJohnnyに電話し、I’m gonna take control of my life. I’m gonna get clean. と言い、彼にSo what are you going to do instead?と聞かれると泣き出してしまうところで終わる。

 

とりあえずヤク中で情緒不安定なパトリックの様子が描かれているのはわかるけど、合間に出てくる幼少時代の回想シーンが今後の流れに繋がってくるんだろうけど、切れ切れでいまいちよくわからない。とにかく幼い頃の記憶、トラウマに未だに支配されているんだろうなー。登場人物たちとの関係性もよくわからず、ベンの演技を楽しむことを目的に見て無ければ、若干途中で飽きる・・・。2話以降に期待。

 

Episode 2:Never Mind

エピソード2はベンの出番はほぼなし。

エピソード1で切れ切れすぎて全然わからなかったパトリックの幼少時代の話。

父、出だしの家政婦さんとのシーンから「あ、この人ヤバい・・・」っていうのが伝わって来る。この俳優さん本当悪役顏だよなー。顔は見覚えあるけど何に出てたかな?

f:id:fu2mi3ka:20180602001516p:plain

 

エピソード1で出てきたAnneはパトリックの母の友達で幼きパトリックを助けてあげようとしてくれた人だった。

パトリックの幼少期役の子役かわいいけど、ベンが出てこないので2話の詳細は割愛。

とりあえず父がやばい奴で性的虐待を受ける。母は父に逆らえないから助けてくれないという悲惨な幼少期が描かれてます。

 

Episode 3:Some Hope

冒頭でベンが着てるワッフル地のセーターかわいい。でもジーンズの色があまり、、、

f:id:fu2mi3ka:20180602001538p:plainf:id:fu2mi3ka:20180602001550p:plain

 

友人のJohnnyと薬もお酒も断ってる様子。

エピソード2に出てきたBridgedがホストする上流階級のパーティーに参加。

Bridgedの娘に対するベン(パトリック)の表情が優しすぎる!

f:id:fu2mi3ka:20180602001629p:plainf:id:fu2mi3ka:20180602001659p:plain

 

この一瞬映る女性、ベンのpublicistのKaronさんに似てる。

f:id:fu2mi3ka:20180602001645p:plain

 

このシーンのベネディクトがかっこよくて。

f:id:fu2mi3ka:20180615210748p:plain

f:id:fu2mi3ka:20180615210752p:plain

 

パーティーでエピソード1に出てきたJuliaとも再会。てかこの人既婚者なんだ。でもJohnnyとも浮気してて、パトリックにも上の部屋行こうよ、と誘う肉食系女子

f:id:fu2mi3ka:20180602001717p:plain

 

パトリックも行くんかい!

f:id:fu2mi3ka:20180602001752j:plain

 

Oh,ベン・・・。

この後Johnnyと付き合ってる(浮気)と聞いて萎えるパトリック。

f:id:fu2mi3ka:20180602001816p:plain

 

父親に性的虐待を受けていたとJohnnyに話すシーン。

そういう経験を誰かに打ち明けるのって大変なことなんですね。。。

でもJohnnyもいい人。打ち明けることができてよかった。

改めて、トラウマを克服しよう!ってなる。

f:id:fu2mi3ka:20180602001841p:plain

 

そしてなんとChilly Willyにもここで再会。

お互いヤク中から抜け出して生きてることに驚き合う。

f:id:fu2mi3ka:20180602001854p:plain

 

BridgetのいとこのMaryとパーティーで出会って、会食の時はお互い好感を持った感じで、帰り際にまた会った時に、

Patrick:See you at breakfast, perhaps?

Mary:Yes why not? Cotswold Carvery? 

Patrick:Around nine?

ってすごいスムーズな流れでデートを取り付けることに成功。誘う方もスマートだし、誘われる方もスマート!

f:id:fu2mi3ka:20180602001906p:plain

3話目終わる時には、続き見たい!!って完全にはまってました。

 

Episode 4:Mother's Milk

冒頭、子供に起こされて、休日のお父さん感あふれるベネディクト。

あ、いきなり時が経過してEpisode3の最後にデートに誘ったMaryと結婚して、2児の父になってます。

f:id:fu2mi3ka:20180615210457j:plain

 

幼い頃家族で過ごしてた南仏の家にみんなで住んでるみたい。

そこにJuliaが泊まりに来て再登場。まだkeep in touchしてるんかい。

f:id:fu2mi3ka:20180615210513j:plain

f:id:fu2mi3ka:20180615210518j:plain

 

アル中再発してるみたい、、、

f:id:fu2mi3ka:20180615210522j:plain

 

夜な夜なJuliaの部屋へ忍び込もうとするパトリック

f:id:fu2mi3ka:20180615210529j:plain

 

息子に見つかって、ん?何が?としらこい顔でかわして、結局自室に戻る。

f:id:fu2mi3ka:20180615210535j:plain

 

で、そのことを翌日Juliaに言って反応を見る、という相変わらずのチャラさ。

f:id:fu2mi3ka:20180615210551j:plain

 

で、同じ敷地内に家族もいるのに、結局こうなっちゃう。

f:id:fu2mi3ka:20180615210558j:plain

 

そして今度こそ部屋に忍び込む。

同じ家に家族も寝てるのに、どういう感覚なの?笑

f:id:fu2mi3ka:20180615211552j:plain

 

でも、妻も大事なパトリック。

f:id:fu2mi3ka:20180615210609j:plain

 

母のある決断に怒って、エピソードを通してずっとブチ切れてる。

f:id:fu2mi3ka:20180615210615j:plain

 

怒ってるシーンが多いし、Juliaとのシーン嫌だけど、家族といるシーンのパトリックは好き。

f:id:fu2mi3ka:20180615210622j:plain

f:id:fu2mi3ka:20180615210632j:plain

f:id:fu2mi3ka:20180615210636j:plain

 

でももうアル中が止まらない。

f:id:fu2mi3ka:20180615210647j:plain

 

そしてベロベロになりながらお酒買いに行くこのシーン、かっこいい。

f:id:fu2mi3ka:20180615210651j:plain

 

エピソード5への伏線として、母に「殺してほしい」と頼まれる。

 

Episode 5:At last

冒頭でパトリック母は亡くなって、その後それまでの経緯が描かれてる。

今回、色々な時系列が混ざりすぎてて、訳わからなくなる。

それが最後のシーンに効いてきてるのかもしれないけど、混乱。

 

「殺してほしい」と頼まれたパトリックは色々頑張ってスイスでの安楽死を手配。

スイスでは安楽死が認められてて、実際にそのために渡航する人たちが多いのか。知らなかった。

f:id:fu2mi3ka:20180615212531p:plain

 

結局フライト直前になって、やっぱ行きたくないとゴネ始めて、パトリックブチ切れな訳だけど、結局その後亡くなる。

 

そして母の葬式。

f:id:fu2mi3ka:20180615212536p:plain

 

ここにも現れるJulia

f:id:fu2mi3ka:20180615212543p:plain

 

まあ、やっぱりこうなっちゃう。

どうやらアル中が原因で家族と別居中。

でもこれはアル中更生期で、葬式より前の話かな?

f:id:fu2mi3ka:20180615212550p:plain

f:id:fu2mi3ka:20180615212557p:plain

 

Maryの元に急に現れて、口論になる。

f:id:fu2mi3ka:20180615212603p:plain

 

呑んだくれの様子がかわいい笑

f:id:fu2mi3ka:20180615212615p:plain

f:id:fu2mi3ka:20180615212623p:plain

 

今度はもっと前の南仏のシーン。

まだパトリック母が元気な頃。

父に虐待を受けてたことを母に伝えた方がいい、とMaryに言われて、泣きそうになりながら伝えたけど、母は知ってたっぽい。

母が知っていたことを知った時のパトリックの絶望の表情が切ない。

f:id:fu2mi3ka:20180615212640p:plain

 

そして葬式のシーンに戻って、スピーチを始めるも泣き出して部屋を飛び出しちゃうパトリックをMaryが追って、このシーン。

父から自分を守ってくれなかった母への怒りとかやるせなさが爆発しちゃう。

エモーショナルなシーン・・・。

f:id:fu2mi3ka:20180615212643p:plain

 

ダディーパトリック素敵。

葬式の後の偲ぶ会、的な?やつに参加。

f:id:fu2mi3ka:20180615212649p:plain

 

再びアル中更生期

f:id:fu2mi3ka:20180615212656p:plain

 

相変わらずチャラい。他のアル中女性に住所書いた紙をもらってこの顔。

f:id:fu2mi3ka:20180615212707p:plain

 

偲ぶ会に戻る。そこでのウエイトレスに電話番号を聞きに。奥さんすぐそこにいるのにまたまたチャラい。

f:id:fu2mi3ka:20180615212716p:plain

 

で、アル中更生病院を抜け出して、住所もらったアル中女子に会いに行くけど、着いたところで病院に戻ることを決意。ここが、またアルコールを絶って家族の元に戻ると決意した瞬間かな?

f:id:fu2mi3ka:20180615212723p:plain

 

その後、偲ぶ会のシーンに戻り、そこで父の旧友Nickが心臓発作を起こして救急車で運ばれる。

会も終わり、Maryと息子達との別れ際、夕食一緒にしようと誘われるけど断って、気が変わったら来て、と言われ別れる。

 

家に帰って、Nickが亡くなったという知らせを受ける。

父が亡くなり、母が亡くなり、Nickがパトリックにとって、両親との繋がりのある最後の人、ということでその人の死によってきっとパトリックは今までの悪夢から解放されたんじゃないかと思う。過去を断ち切ることができたんじゃないかな。

そこでウエイトレスの電話番号を書いた紙を見て、電話に手を伸ばす。

でも、かけた先は奥さんのMaryで、やっぱり気が変わったから夕飯に行くと伝える。

 

そして時は再び幼少期に戻る。

今までも何度も出てきた虐待されていたシーンが出てきて、"Nobody should do that to anyone else"と大人になったパトリックが何度か言ってきたセリフをヤングパトリックが父に伝える。

もちろんこれは実際に起きたことの回想シーンじゃなくて、トラウマを断ち切った、っていうことを示すシーンだと思うんだけど、これのためにしつこいくらいこのエピソードでは時系列がぐちゃぐちゃに描かれてたのかな、と思った。

 

そしてコートを着て、ディナーへ向かうところで終わる。

やっぱりベネディクト+スーツ+ロングコート、これ間違いない。

f:id:fu2mi3ka:20180615212732p:plain

 

計5時間とは思えないくらい中身の詰まった話ではあったけど、ストーリーとしては若干退屈に感じた。

なるほどベネディクトがこの役を演じたかった理由はわかった気がするし、素晴らしい演技だった。でも、ベネディクトじゃなきゃ最後まで見れなかったかな。笑