出ジャパン記

2025年までに完全に日本脱出することが目標!一人旅、海外生活、洋画など、、、

BenedictがGender Equalityについて語ってた

ベンがRadio TimesのインタビューでGender Equalityについて話している記事が素晴らしかったのでシェア。

 

f:id:fu2mi3ka:20180509152913j:plain

記事をゆるく訳してみる。

 

ベネディクト・カンバーバッチは映画産業において、女優が俳優に比べて少ないギャラを支払われてるプロジェクトへの参加は断ると主張してきた。

Radio Timesでのパトリックメルローズの初日公演のインタビューの中で、カンバーバッチは「男女同一賃金はフェミニズムの中心的な主義です。自分の給料を見て、女性がどれくらい支払われてるか聞いてみて、「もし彼女が男性と同じように支払われていないなら、自分はその仕事はやらない」と言ってください。」

Edward St Aubynの小説に基づいたスカイアトランティックシリーズのパトリックメルローズはカンバーバッチの制作会社、サニーマーチの最初のショーだ。

サニーマーチの次のプロジェクトは「女性目線からみた」母親であることについてで「もし僕の名前で投資家を集められたら、その注目を沢山の女性のためのプロジェクトに利用することができる。」とカンバーバッチは言った。”

 

今までの難民へのチャリティー活動もそうだけど、自分の名声をいい方向に利用して、社会問題を訴えかける姿勢が素晴らしい。何故日本の人気若手・中堅俳優とかでそういう活動に力を入れている人が少ないのか不思議。そしてGender Equalityの運動にこうやって積極的に参加している男性は素敵ですね。それこそが今後のGender Equality運動のあるべき姿だと思います。

サニーマーチの次のプロジェクト、楽しみだ!!パトリックメルローズを見る方法は無いのだろうか、、、。