Carpe Diem in Bangkok

一人旅、海外生活、洋画など、、、バンコク在住

シンガポール〜遠征とちょっと観光〜

2018年5月

 

GWに1年ぶりのシンガポールへ行ってきました。

去年いろいろ観光地は回ったので、特に観光目的ではなくて、週末にゲーリックフットボールの大会があったから、遠征ついでにGWと被ってたことをいいことにチームメイトより早めに水曜日夜から現地入り。

ゲーリックフットボールってなんだ、ってなった方はこちらから。

lifeisreseach.hatenablog.com

というわけで観光情報は今回は少ないですが、もっと詳細な シンガポールの観光情報は去年行った時の記事で書いてるのでシンガポールカテゴリーから見てください。


 

1日目 マレーシアのジョホールバルに。

lifeisreseach.hatenablog.com

 

2日目 チャイナタウンの裏、Ann Siang Hill st.あたりをひたすら歩いてみたり。

3日目 大会

4日目 チームメイトとタイへ帰国

 

<Ann Siang Hill st.周辺>

結構おしゃれなレストランやバーがたくさんあって、おもしろかったです。

プラナカン建築大好き!

f:id:fu2mi3ka:20180603192445j:plain

 

インドネシア料理のTok Tokというお店でランチ。海鮮の練り物系にピーナッツソースをかけた料理。美味しかった。

f:id:fu2mi3ka:20180603192459j:plain

 

他にもマレー料理Nasi lemakが有名なThe Coconut Clubというお店が行列を作っていました。

 

<公園>

公園大好き人間なので今回も公園巡り。

・Ann Siang Hill Park:こじんまりとした、ちいさーな公園だけどなんかいい。

f:id:fu2mi3ka:20180603193000j:plain

 

・Pearl's Hill City Park

こちらはチャイナタウンの近くの丘の上にある公園。広くてランニングしてるローカル達がいました。

f:id:fu2mi3ka:20180603193018j:plain

 

<クラークキー>

クラークキーは運河沿いの各国のレストラン・バーが立ち並んでいるエリアで、世界中の料理の中から選び放題!

f:id:fu2mi3ka:20180603193036j:plain

f:id:fu2mi3ka:20180603193050j:plain

静かなところで食事がしたかったからイタリアンにしました。

f:id:fu2mi3ka:20180603193122j:plain

 

ゲーリックフットボール大会>

f:id:fu2mi3ka:20180603193511j:plain

 

出場チームは女子の部はシンガポールから5チーム、クアラルンプールから2チーム、ホーチミンから2チーム、ジョホールバルハノイ、我々バンコク

この大会には日本チームは来てなかったから大会全体で日本人は私のみで残念。

結果は惜しくも決勝で敗れて準優勝。バンコク男子は優勝!

欧米人ばかりの中でアジア人が対等にやりあうには、身体能力や体格差の違いがありすぎて難しいです・・・でも笑いあり涙ありの本当に楽しい大会でした!

スポーツってやっぱすばらしい。

 

f:id:fu2mi3ka:20180603193423j:plain

 

試合後は宿に戻り、シャワーを浴びて着替えてアフターパーティーへ。

ホテルロビーでチームメイトと合流し、Grabでタクシー呼ぶか!とイギリス人のLukeが探してくれてたら「ミニバスが4分圏内にいるけどこれ呼んじゃう?w」となり、同じホテルに泊まっていたメンバー全員乗っても余裕な20席くらいのミニバスが来て、すげー!!ってテンション上がってみんなで乗り込むと、更に最高なことに何故かライトが光り出しパーティーモードにww

f:id:fu2mi3ka:20180603193458j:plain

 

パーティーバスでチームメイトと飲み騒ぎながらシンガポールの街を駆け抜ける、映画のハングオーバーみたいなクレイジーさがあって、たまにある感覚「うわー人生楽しい~!!!」というやつを久々に実感。

パーティー会場のアイリッシュバーに到着し、参加チーム全員で深夜まで打ち上げ。

打ち上げの表彰式で準優勝のメダルもらいました!

f:id:fu2mi3ka:20180603195250j:plain

 

最終日は同じフライトのチームメイトと空港に一緒に向かい、バンコクへ帰国。

久々に誰かと一緒に飛行機に乗ったりしたから、空港まで向かう道のりとか、空港での待ち時間とかも、一人旅とはまた違って楽しかった。