Carpe Diem in Bangkok

一人旅、海外生活、洋画など、、、バンコク在住

ボルネオ島サラワク州巡り~セメンゴ ワイルドライフ リハビリテーション センター編~

f:id:fu2mi3ka:20180328030203j:plain 2017年9月

熱帯ジャングルの中で、至近距離でオランウータンを見ることができる! 傷ついたオランウータンなどを野生に返すためのリハビリ施設。

・アクセス 市内のバス停から6番のバスで30~40分程。2.50リンギット。 バス下車後、20分程歩く。

川沿いのバス停からに6番のバスに乗ればいい、と宿のスタッフに教えてもらい、バス停で待っていましたが、待てど暮らせどバスが来ないのでしびれを切らせてタクシーに乗車。 なんと60リンギット(約1500円)。 バスが2.50リンギットだと考えると高すぎる。 まあ仕方がない。結構遠いし、日本の感覚で考えたらこの距離でこの金額なら安いし、と自分に言い聞かせる。 旅に出る前はなるべく節約しようと考えますが、旅の最中は経験が最優先事項になるので、そこにかけるお金はあまり気にしない、と決めているのです。

入口の門の横にチケット売り場があり、バスだとそこで降ろされ、そこから20分程歩いていく必要がある。 1日2回ある餌やり時間の最中に到着。 まず手前でオランウータン一家を発見! すごい距離感!!日本の動物園とかではあり得ない柵なしでこの距離感! オランウータンかわいい・・・。

愛くるしすぎる。

そして奥へ歩いて行くと森の中央に餌台があり、そこに野生動物たちが餌を食べに来る様子が見れる。

リスなどの小動物もいれば、オランウータンの親子もいる。 赤ちゃんオランウータンがお母さんのおなかにしがみついていて、これまたかわいい。

オランウータンはいつまで見ていても見飽きないですが、そんなに広くはないので、1時間~2時間もあれば十分です。 帰りはちゃんとバスに乗れて、2.50リンギットで市内まで戻りました