Carpe Diem in Bangkok

一人旅、海外生活、洋画など、、、バンコク在住

ゴビ砂漠で遊牧民体験④~大草原キャンピング~

2016年9月

2軒目のホストファミリーとお別れする前にラクダ達に水をあげる作業を手伝った。 これだけのラクダが集まるとラクダ臭がすごい。笑 井戸からバケツを引き上げるから、結構力が必要。

14311266_1263401427025749_2566384181589172784_o.jpg 14324299_1263401440359081_8657013183283092130_o.jpg

またまた車に乗って大移動。 よくまあ、こんなに何の目印もなければ、舗装された道もない、ひたすら大草原が続くところを、目的地に向かって正しく走れるな〜と感動する。

ヤギの集団?!と思ったら、乳搾りの作業中だそう。 14316935_1263403323692226_7577209482695398065_n.jpg

何十頭というヤギをおばあちゃんが一匹ずつ手絞りで絞っていく。 腰痛めそうだな。 遊牧民も大変だ。

14322232_1263403373692221_6615090363568411583_n.jpg

この日はひたすら大自然を満喫した。 壮大なスケールの渓谷でハイキングをしたり。 自然の規模が大きすぎて圧巻。

14324301_1263401983692360_4805280605351592041_o.jpg 14379867_1263405253692033_7741728252298510429_o.jpg

かつてゴビ砂漠のエリアに生息していた恐竜の化石や、この辺りに今も生息する動物の剥製などを展示した博物館も行った。 14352108_1263401627025729_5322015040965116578_o.jpg

1億何千万年前、と文字通り気の遠くなるような昔に、ここに恐竜がいたと思うと、なんだか不思議な気持ちになる。 ジュラシックパークみたいな光景がここに広がっていたのかな、と思うとものすごく興味深いし感慨深いですね。

14324464_1263401663692392_2794090265961043336_o.jpg 14324127_1263401700359055_4484771602767223828_o.jpg

この日はゲルではなくキャンプ!! 適当なところでバイラが手早くテントを設置してくれた。 14344193_1263402953692263_7203499435041449243_n.jpg

車のトランク部分を台所にして夕飯の準備をする。 14358852_1263402963692262_7805454231268846136_n.jpg 14322391_1263402990358926_8035390516802571736_n.jpg

ダイアナもお手伝い。 14292232_1263403077025584_8830298926005558709_n.jpg

バイラは薪を割ってキャンプファイヤーの準備。 頼り甲斐あるな〜。 大草原の似合う男。 14368826_1263403120358913_5230718243815816050_n.jpg 14362507_1263405557025336_3877881463084107117_o.jpg

夕食、出来上がり~

14372399_1263405560358669_8610742400500778894_o.jpg 14355154_1263403170358908_8049676133731647558_n.jpg

夕飯の後はキャンプファイヤーキャンプファイヤーっていいですよね。心落ち着く。 そして、みんないい笑顔!

14344812_1263403173692241_5801490844017586570_n.jpg

ところで、砂漠でのトイレ事情はオープントイレで・・・野宿となると周りに遮るものが何もないから、ある程度みんなから見えない場所まで歩かないといけない。 俺はこっちの方向に、じゃあ私はこっちに、と各方面に散らばることも大事。笑 ゲルにステイするときはトイレがあるけれど、もちろんボットントイレだし汚いから、むしろそこらへんでした方が良い。

どうやら他の旅行客団体もこの辺りでキャンプをしてるらしく、バイラとオルナが

「ほら!あの辺りに彼らのキャンプファイヤーの火が見えるでしょ?」

って言って指差しているけど、デジタル社会に生きるケビン、ダイアナ、私は

「え?どこ?何も見えないよ?」

と全くわからず。モンゴル人の視力恐るべし・・・。